サンライズみずほ/乗り鉄+スマホ撮り鉄

鉄道の「楽しい情報」「役に立つ情報」を、前向きに発信しています。Instagramのフォロワーさんが4000人を超えました。

「モルヒネ」の誤解

昨日Yahoo!で見付けた、緩和ケアに関するニュース。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190504-00010001-bfj-soci

f:id:mhli:20190504235655p:plain

どこまで本当かは分かりませんが、最近の医療制度、何かおかしいと思います。

確かに、病院には利益が必要ですし、国は医療費を削減したいのでしょうが、

そのしわ寄せが患者の命や心に行くというのは・・・

 

さて、癌と関わりがない人には全く関係ない話題ですが、

癌や緩和ケアと関わることになったのをきっかけに知った、

自分の、「モルヒネ」に対する誤解について。

少しでも気持ちが楽になる人がいれば、と思って、

珍しく、まじめな内容を発信してみようと思います。

 

 

モルヒネ」と聞いて、どんなことをイメージしますか?

 

私が持っていたイメージは、

・病気で死ぬ間際、苦しんでいる人に使う薬

・使うと楽になるが、できるだけ使わない方がいい

みたいなものでした。

昔、テレビドラマなどで見た記憶が残っているのだと思います。

恐るべし、マスメディアの力。

 

しかし、最近、「緩和ケア」について調べた中で、

このような「モルヒネ」のイメージが、全くの間違いだと知りました。

 

今は、「痛みを和らげる目的で、早い段階から必要に応じて使う薬」のようです。

 

※私は、医療関係者でも何でもないので、

 不正確な記述があるかもしれませんが、ご了承ください。

 

最近の緩和ケアでは、痛みを和らげる目的で、

死ぬ間際でなくても、早い段階から必要に応じてモルヒネを使う、

というのが常識だそうです。

薬なので、当然、ある程度の副作用はあるようですが、

それ以上に、痛みを和らげる効果が大きいため、非常に有用な薬のようです。

 

そして、緩和ケアが続くと想定される期間、

通常は、数ヶ月~数年だと思いますが、

ある程度使い続けても、死期を早めることはなく、

痛みを和らげる効果も、すぐになくなる、ということはないようです。

 

 

自分や家族が末期がんになった時、

「医療用麻薬を使います」「モルヒネを使います」などと言われたら、

死が間近に迫ってるような感じがして、抵抗を感じてしまうと思います。

しかし、これらが命を縮めることはない、というのが最近の考え方のようですし、

治療が難しい末期の段階で、痛みが最大の苦痛ということであれば、

痛みを和らげるのに全力を注ぐ(+副作用を減らす)のが合理的なことも多いでしょう。

痛みが改善してストレスが減れば、多少なりとも、残りの人生をより楽しむことができるかもしれません。

 

 

とはいえ、これだけ知識を仕入れていても、いざ自分がガンになったとしたら、

そして、医師から「モルヒネを使いましょう」と言われたとしたら、どんな気持ちになるか・・・

想像もできないですが、

少なくとも、「100%ネガティブに捉える必要はない」

ということを知っているだけでも、気持ちは大きく違うと思います。

 

 

身近な人がガンになったことで、幸か不幸か、

癌という病気や治療方法、緩和ケアとは何か、などについて、

いろいろ勉強することができました。

 

どこまで正しく理解できているか分かりませんが、

ネットや本の情報を鵜呑みにしてはいけない、というのが最大の気付きです。

 

実際に、医師からも、

期待を持たせて財産を狙うような、良くない情報も多いから、気を付けるように、

と釘を刺されました。

 

直接医師や看護師の方々から聞いた話と、書籍を複数(異なる考え方のものをいくつか)読んで、

共通する内容は、間違っていない可能性が高いと思いますが、

「それ以外は、あまり当てにしない」と決めないと、

ネット上や書籍などに溢れる、変な情報に惑わされてしまうと思います。要注意です。