サンライズみずほ/乗り鉄+スマホ撮り鉄

鉄道の「楽しい情報」「役に立つ情報」を、前向きに発信しています。Instagramのフォロワーさんが4000人を超えました。

【今月のワンクリックアンケート】あなたの使っているスマホは?<Android(アンドロイド)> or <iPhone(アイフォン)>
※先月の結果はこちら

「かがやき」に乗りたい!

f:id:mhli:20190716065945j:plain

子供連れで東京駅に行くと・・・

先日、東京に出かけた時の話。

東京駅に到着すると、たくさんの新幹線が見られます。

列車名を挙げてみると、13種類も!

「のぞみ」「ひかり」「こだま」

はやぶさ」「はやて」「やまびこ」「なすの」「つばさ」

「とき」「たにがわ」

「かがやき」「はくたか」「あさま」

 

車両も、東海道はあまりバラエティが少ないですが、

東北・上越・北陸方面は、バラエティ豊かですね! 

遠くから見てるだけでも楽しくなってきます。

 

当然、私だけでなく、子供たちも大興奮。

と、大興奮するのはいいのですが、

子供のわがままは、私たちの想像を超える内容で、

しかも、そう簡単には諦めてくれません。

 

今回の子供の希望は、超難題!

実は、東京駅で、入場券を買って新幹線を見ようと、時間は取っていたのですが、

次男の希望はそう甘くありませんでした。

「『かがやき』に乗りたい!!」と言って引き下がりません。

しかも、停車中に乗るだけではダメらしく・・・

 

「かがやき」に乗るのは、簡単なようで、結構難題です。

まず、そもそも、東京駅での持ち時間は1時間以内。

乗るにしても、上野か大宮までで、すぐ帰らないといけません。

そして、「かがやき」は全車指定席です。

上野まででも、指定席を取らないと乗れません。

 

時刻表を検索しながらいろいろ悩んだ挙句、

なんとか思いついたのが、

E7系「あさま」の自由席で上野まで行く!という方法。

これなら、自由席特急券で乗れますし、車両も同じ。

列車名だけは違いますが、何とか無理やり納得してもらいました。

 

東京から上野まで、

乗車券160円、特急券860円で合計1,020円。

子供にとって忘れられない思い出になるなら・・と思って、

東京駅の券売機で乗車券・特急券を購入しました。


f:id:mhli:20190716070025j:plain

 

実際に、東京上野間の特急券を買う人って、どのくらいいるんでしょうか。

単純に移動を目的に買う人はいない気がします。

上野駅で地下の新幹線ホームから地上にでるだけでも大変、

実質的に在来線の方が早そうですから・・・

 

切符を買ったら、いざ、ホームへ。

いろいろな新幹線を見ながら、「あさま」の到着を待ちます。

 

さらなる難題!「Maxに乗りたい」

東京駅の新幹線ホームで新幹線の発着を見ていると、

今度は長男から、またすごいリクエスト。

「Maxに乗りたい!」

もう先は短く、列車の本数も少ないMax。

時刻表を検索すると、タイミングが良いのか悪いのか、

「あさま」が上野に着いてしばらく待つと、

東京行きのMaxに乗れそうなことが分かりました!

 

ということで、東京から上野まで新幹線で往復するという、

とてもリッチな移動をすることになりました。

片道1,020円と、復路は乗車券160円だけで済むと思っていたのが、

往復2,040円になりました。

 

大人も子供も楽しんだ!

そんな経緯でしたが、無事、「あさま」と「Max」両方に乗ることができました。

子供たちは満足したようです。

経費節約のため、お母さんは東京駅で待っていてもらいましたが、

東京駅に戻ってきたとき、子供たちが嬉しそうに、

「かがやきに乗ったよ!」「Maxも乗ったよ!」と話すのを見て、

単純に、嬉しかった!(親バカ・・・)

 

私個人的にも、

子供は喜んでくれたし、

初めてE7系に乗れたし、

おそらく人生最後のMaxへの乗車もできたし、

ブログのネタが1つできたし、

鉄道関係の知り合いと会った時の話のネタになるし。

 

東京上野往復で2,040円は、普通に考えたら高すぎですが、

まあまあ悪い投資ではなかったかな、と思います。

 

 

それにしても、「こまち」に乗りたいと言われなくて、本当に良かった・・・

E6系で自由席に乗るのは非常に難しい・・・)