サンライズみずほ/乗り鉄+スマホ撮り鉄

鉄道の「楽しい情報」「役に立つ情報」を、前向きに発信しています。Instagramのフォロワーさんが4000人を超えました。

【今月のワンクリックアンケート】あなたがよく使うのは?<JR時刻表> or <JTB時刻表>

東京から上野までお得に新幹線に乗る方法

f:id:mhli:20190716234817j:plain

東京から上野まで新幹線に乗って・・・

先日は、子供の「『かがやき』に乗りたい!」という言葉をきっかけに、

東京から上野まで新幹線で往復しました。

片道5分で1,020円、往復で2,040円のリッチな旅でした。

 

 

 

そして、その時に、乗車券と特急券を買いながら思ったこと。

割引きっぷとか、安く乗る方法はないんだろうか??

 

ということで、乗った後に、色々調べて、

少し安く乗る方法を見つけたので、紹介したいと思います。

 

基本的に、Suicaは使えない!

まず最初に思いついたのが、Suicaの運賃割引。

在来線の場合、

東京上野間は、乗車券を購入すると160円ですが、

ICカードで乗車すると154円になります。

 

しかし、SuicaなどのICカードは、

新幹線に乗る時の乗車券の代わりには使用できません。

つまり、新幹線に乗る時は、154円で乗ることはできず、

原則として、160円の乗車券を購入しないといけません。

残念。

 

モバイルSuicaを利用できるなら、「モバトク」

モバイルSuicaの会員登録をしていれば、

モバイル特急券「モバトク」が利用できます。

利用の手順としては、

(1)モバイルSuicaの会員になる(スマホ等が必要、有料。)

(2)モバイルSuica特急券の利用登録

(3)ネットで、モバイルSuica特急券「モバトク」を購入

(4)モバイルSuicaを改札機にタッチして乗車

 

会員登録さえしていれば、予約は簡単にできます。

これで、東京から上野までは自由席で920円。

自由席のない「かがやき」「こまち」「はやぶさ」には乗れませんが、

通常の乗車券+自由席特急券は1,020円なので、

100円の割引です。

 

モバイルSuicaの会員になるのに、

年会費を払うか、ビューカードの会員になる必要があるのがネックです。

そして、このサービスは、2019年末で終了する予定とのことです。

 

これからのサービス!?「タッチでGo!新幹線」

こちらは、JR東日本の新しいサービスのようです。

利用手順としては、

(1)ICカードを準備する。(Suica以外に、PASMOICOCA等も利用可能)

(2)利用開始登録をする(JR東日本の券売機で)

(3)自動改札機にタッチして乗車!(チャージ金額から精算)

 

つまり、ICカードPASMOICOCA、キタカ等含む)を持っていれば、

最初1回だけ券売機で利用開始登録をして、

あとはチャージさえしておけば、そのまま新幹線に乗れてしまいます。

 

利用できる区間は、東京から那須塩原上毛高原安中榛名までで、

自由席しか利用できないのが場合によってはネックですが、

逆に、自由席利用なら、在来線と同じようにタッチして乗るだけ。

非常に便利なサービスです。

 

値段も、乗車券と自由席特急券を購入するより安く、

東京上野間なら、通常1,020円のところが920円、100円引きです。

 

なお、要注意なのは、新幹線と在来線を乗り継ぐ場合。

新幹線と在来線で運賃が別々に必要になるので、

乗車区間によっては、損する場合があります。

在来線と新幹線を乗り継ぐ場合は、

こちらの、「料金シミュレーター」で計算してから利用しましょう。

お値段 | タッチでGo!新幹線:JR東日本

 

今回の私の場合、事前に知っていれば、このサービスを利用して、

東京上野間往復で200円節約できたので、少し残念です。

 

今度東京に出かけたら、使うかどうかは別にして、

いつも使っているICOCAで利用登録をしておきたいと思います。

 

まとめ

あまり利用頻度は高くない情報ですが・・・

東京から上野まで新幹線を利用する場合のお得な方法。

JR東日本の券売機で、「タッチでGo!新幹線」の利用登録をして、

ICカードで乗車すると、100円安く乗車できます!

 

補足するなら、この方法は、東京上野間に限らず、

東京大宮間や、宇都宮・高崎などに行くときにも使えますので、

必要な時は、こちらを参考に、有効活用しましょう。

タッチでGo!新幹線:JR東日本

なお、在来線と新幹線を乗り継ぐ場合は、

タッチでGo!を使うより、普通に買う方が安いこともあるので要注意です。