サンライズみずほ/乗り鉄+スマホ撮り鉄

鉄道の「楽しい情報」「役に立つ情報」を、前向きに発信しています。Instagramのフォロワーさんが4000人を超えました。

ウィラーエクスプレスの超格安高速バスに乗ってみた

大阪から静岡まで、3,500円!

大阪から静岡まで移動することになり、

高速バスを調べてみると・・・

ウィラーエクスプレスの夜行便が、

3,500円で売られているのを発見しました!

f:id:mhli:20190723011518p:plain

ウィラーエクスプレスのバスには様々なランクがあります。

【公式】高速バス シートタイプ紹介・比較|高速バス/夜行バス予約|WILLER TRAVEL

 

検索結果を見ると、

ウィラーの車両で「リラックス<New>」の座席が4,700円、

他社の車両で「スタンダード」の座席が3,500円でした。

 

広い座席の方がいいのは間違いないですし、

座席に電源やフードがついているのも有難いです。

しかし、今回はあえて、

3,500円の「スタンダード」に挑戦することにしました。

新幹線(11,080円)の1/3以下、在来線(6,260円)と比べても約半額です。

 

ウィラーのサイトから予約・決済すると、

メールで予約確認が送られてきて、

当日、乗車前に最終確認メールが送られてきます。

チケットは特になく、乗車時に名前を伝えるシステムです。

 

京都駅の乗り場は、トイレがない!

f:id:mhli:20190723011739j:plain

実際に乗車したのは、大阪ではなく、京都駅八条口G2のりば。

この乗り場、周辺にお手洗いがないので、要注意です。

駅の改札内などで済ませておくのが無難です。

 

少し早めに乗り場に行くと、まだ出発便はいくつかあるようで、

深夜0:30過ぎにもかかわらず、待っているお客さんが結構いました。

 

1号車4,700円と、2号車3,500円の違いは?

しばらく待っていると、静岡行きのバスが到着。

1号車はウィラーのバス、2号車は帝産観光バス、2台での運行です。

3,500円で乗れるのは、2号車です。

 

f:id:mhli:20190723011851j:plain

 

今回の、1号車と2号車の違い。

1号車は、

11列(リクライニング角度大、座席間隔広い)、電源やフード付きの座席。

2号車は、

12列(リクライニング角度小、座席間隔狭い)、電源なし、フードなし。

 

座席のランクとしては、1号車が確実に上です。

同じ空席状況なら、間違いなく1号車がいいです。

実際、1号車の方が、京都で待っている人も多かったです。

 

満席の1号車とガラガラの2号車

しかし、実際にはそんな単純ではありません。

1号車は満席なのに対し、2号車はガラガラでした。

 

f:id:mhli:20190723012002j:plain

 

予約した時点で、

1号車は「残席数」の表示、2号車は「空席あり」の表示だったので、

ある程度空席があることは予測していましたが、

実際に乗ってみたら、乗車率は半分以下。

1人2席使っても空席がある状況でした。

 

広めの座席で隣に誰かいるのと、

狭めの座席を2席使えるのと、

どちらが良いかは、最終的には個人の好みだと思いますが、

今回は、若干狭い座席でも、2席で非常に快適に過ごせました。

 

12列シートでも快適に過ごせる条件

 f:id:mhli:20190723012612j:plain

10年ほど前に高速ツアーバスに乗った時のこと。

12列座席で足が延ばせず、隣も誰かいる状況で、

非常に苦しい思いをした経験があります。

それ以来、12列バスは可能な限り敬遠してきました。

しかし、今回乗った12列座席、意外と快適に過ごせました。

 

私の場合の快適に過ごせるポイントは、足が延ばせるかどうか。

前の座席の下に足を延ばした時に、

膝などがどこにも接触しなければほぼOKです。

 

今回のバスは、OKでした。

しかも今回は、隣が空席。

隣の人が、幅広の方だったり、スモーカーだったりすると、

ゆっくり寝られないこともあるわけですが、

今回はそんな心配もなく、ゆっくり過ごすことができました。

 

京都を発車してから静岡までのスケジュール

 f:id:mhli:20190723012140j:plain

車内に、このようなスケジュール表が貼られているので、

乗車時に、しっかり確認できます。

夜中の休憩は、草津PAと赤塚PA

翌朝は、浜松駅に停車してから静岡駅に向かいます。

京都南ICから名神高速に乗り、

草津PAで休憩してから、新名神へ。

新名神から伊勢湾岸道経由で、東名高速に入り、

赤塚PAで休憩後は、浜松西ICから浜松駅に向かいました。

浜松駅からは、浜松IC~静岡ICまで東名高速経由です。

浜松も、東静岡も、定刻より若干早めの到着でした。

 

まとめ

3,500円で大阪から静岡までのバスに乗ってみましたが、

今回は、「座席は若干狭いが空席多数(隣も空席)」という状況で、

非常に快適に過ごすことができました。

 

ウィラーをはじめとした元々ツアーバスだった高速バスは、

比較的フレキシブルな料金設定がされているので、

今回はおそらく、空席を埋めるために、

3,500円の割引運賃が設定されたのかもしれません。

 

ということで、スタンダード座席の超格安バスでも、

運が良ければ(座席が狭くなくて空席が多ければ)、

非常に快適に過ごせることが確認できました。

 

空席は、自分ではコントロールできないので、

運次第なのが難しい所ですが、

比較的直前の予約で、空席あり(実数表示なし)の場合は、

チャレンジしてみてもいいのかな、と思います。