サンライズみずほ/乗り鉄+スマホ撮り鉄

鉄道の「楽しい情報」「役に立つ情報」を、前向きに発信しています。Instagramのフォロワーさんが4000人を超えました。

大阪から富山へ、JR西日本のWEB早特1がお得!

大阪から富山方面のお得なきっぷ

f:id:mhli:20190729172714j:plain

 

JR西日本のサイト「JRおでかけネット」で、

京阪神から北陸方面へのお得なきっぷを検索すると、

「北陸乗り放題きっぷ」「WEB早特1」「eきっぷ」など、

色々なきっぷが出てきます。

 

色々なきっぷの概要をまとめた記事がこちら。


その中で、今回は、「WEB早特1」を、実際に使ってみました。

一番お得な「乗り放題きっぷ」は、2人以上でしか使えないので、1人の場合は、このWEB早特1が最も有力な選択肢です。

 

e5489で1日前までに予約・購入。早めの予約が肝心!

WEB早特1は、

・e5489からの予約限定、

・1日前までの予約限定、

・座席数制限あり、

などの制限が設けられています。

 

e5489からの予約は、会員登録が若干手間ですが、出発駅と到着駅を入力して画面に従うだけなので、この文章を読んでいる方ならあまり問題ないと思います。

 

JRおでかけネット:トップページ

 

問題なのは、1日前までの予約と座席数の制限。

特に、座席数の制限は、どの程度か詳しくは分かりませんが、出張やレジャーに便利な時間帯(午前や夕方出発)は早々に埋まってしまうことも多いようです。

 

WEB上での変更も可能なので、予定が決まったら、早めの予約が肝心です。

 

e5489での予約・購入方法

e5489の利用には、会員登録(無料)が必要です。

 

また、必須ではありませんが、J-WESTカードの会員になると、eきっぷやチケットレス特急券など、他の割引も利用可能です。

 

J-WESTカードの詳しい説明はこちらを参考にしてください!

 

さて、ここからは、e5489サービスにログインして、予約・購入する方法です。

 

まず、e5489にログインすると、メニュー画面が表示されます。

f:id:mhli:20190729173004j:plain

 

北陸新幹線北陸線予約」のメニューをクリックします。

 

f:id:mhli:20190729173039j:plain

 

発着駅と日時を指定して、「検索」をクリックします。

 

f:id:mhli:20190729173105j:plain

 

列車・きっぷ・設備の候補が出てくるので、希望するものをクリックします。

この時点で、WEB早特1に空席がない場合も多いです。

 

f:id:mhli:20190729173141j:plain

 

必要がある場合、女性専用席を選択します。

 

f:id:mhli:20190729173905j:plain

 

人数と、座席の希望を選択します。

(私の場合は、「座席表から選ぶ」を選択します。)

乗車券はセットになっているので、選択の余地はありません。

 

f:id:mhli:20190729173945j:plain

 

座席表で好きな座席を選択します。

サンダーバード」と「はくたか」、それぞれ指定できます。

 

f:id:mhli:20190729174005j:plain

 

最後に、購入金額や利用の条件を確認し、支払い方法を選択。

 

これで、予約完了です!

支払いは、クレジットカードで即時決済することも可能ですし、駅窓口での支払い、コンビニ払いなども選択できます。

 

乗車前に、きっぷの受け取りが必要

WEB早特1では、乗車前に、きっぷを受け取る必要があります。

受け取りできる場所は、JR西日本の駅の窓口か、みどりの券売機です。

 

受け取る際には、予約番号(5桁の数字)と、電話番号の下4桁が必要です。

 

受け取ったら、乗車券(と特急券)を自動改札に通して、乗り場へGo!

サンダーバードは、12両編成と長いので、事前に号車番号を確認して、できるだけ近い階段でホームに向かえるといいですね。

 

受け取るきっぷは3枚。(その他に、クレジットカードの控えや領収書)

乗車券が1枚と、特急券が2枚です。

 

f:id:mhli:20190729174113j:plain

 

乗車券は、WEB早特1専用の割引乗車券になっていて、「企画乗車券」「B券以外の料金券併用不可」「下車前途無効」と、結構厳しそうな条件が並んでいます。

特急券も、「指定列車のみ乗車可」「自由席乗車不可」となっており、結構制限が厳しいことが分かります。

 

サンダーバード」と「はくたか」で富山へ

f:id:mhli:20190729174212j:plain

 

 

大阪駅を朝6:30に出発するサンダーバードは、ガラガラでした。

f:id:mhli:20190729174344j:plain

大阪出発時点で、1両に10人ほど。

新大阪・高槻・京都でも乗車がありましたが、空席の方が多い状況は変わらず。

京都を出たら、敦賀、福井と停車し、終点金沢まで、乗客も少なく、静かにゆっくりと過ごすことができました。

 

ただ、最前列(と最後列)しか電源がないのは、若干不便ですね。

2時間半、なんとかPCのバッテリーで作業はできますが、所要時間が長いだけに、ちょっと不安でした。

 

金沢では、約8分の乗り換えで、北陸新幹線はくたか」に乗車。

f:id:mhli:20190729174443j:plain

 

f:id:mhli:20190729174522j:plain

新幹線の金沢駅、今は終点ですが、近いうちに、福井方面に延伸されたら、中間駅になるんですね。

ホームドア完備の、新しい駅でした。

 

はくたか」は12両編成。こちらも、ガラガラでした。

f:id:mhli:20190729174559j:plain

こちらは、新しい車両だけあって、1席に1つ電源完備。

東海道N700系でも、普通車は窓側だけなので、これは有難いです。

ただ、若干電圧が安定していない気がしました。

ノートPCで作業をしていると、時々、「バッテリー駆動」の表示が出たりしていたので、バッテリーが弱い場合などは要注意です。

 

そうこうしているうちに、あっという間に富山に到着。

予約は黒部宇奈月温泉までしていましたが、予定が変わり、富山駅で下車することにしました。

 

制約の厳しいきっぷですが、途中で下車(その先は使わない)するのは、大丈夫でした。

 

ということで、約3時間半の大阪から富山までの旅でした。

 

まとめ

大阪から富山まで、1人で、安く早く移動するなら、WEB早特1を狙いましょう。

席数限定なので、早めの予約が肝心です。

予約は、JR西日本のe5489から。

その後は、駅できっぷを受け取って、乗車します。

当日は、遅れないように駅に向かいましょう。

(乗り遅れても他の列車には乗れません!新規購入が必要になります。)