サンライズみずほ/乗り鉄+スマホ撮り鉄

鉄道の「楽しい情報」「役に立つ情報」を、前向きに発信しています。Instagramのフォロワーさんが4000人を超えました。

グリーンプログラムで、N700Aのグリーン車に初乗車!

グリーンプログラムでグリーン車に乗る

f:id:mhli:20190804152456j:plain

新幹線のネット予約、「エクスプレス予約」のメリットの1つに、

「グリーンプログラム」があります。

乗車距離によって決められたポイントを貯めると、

普通車の料金でグリーン車に乗車できます。

 

例えば、東京~新大阪を1回乗車すると、90ポイント貯まります。

「のぞみ」のグリーン車を利用するには1000ポイント必要なので、

12回(6往復)利用すると、1回グリーン車に乗れる計算です。

 

利用するのに必要なポイントは、距離によらず一定で、

「のぞみ」が1000ポイント、

「ひかり」が800ポイント、

「こだま」が600ポイント。

ですので、できるだけ長距離で利用する方が、お得感が高いです。

 

ポイントの有効期限は翌年の6月末まで!7月以降は使えない?

ポイントの有効期限は翌年の6月末までなので、

約1年半の期間に、必要なポイントを貯めれば、利用が可能です。

 

ポイントの有効期限は6月末ですが、

実は、6月末までに乗車する必要はありません。

6月末までに予約をすれば、7月にも乗車できます。

(新幹線の予約は、原則、1ヶ月後までです。)

 

さらに、ちょっとした裏技を使えば、

6月末が期限のポイントを、9月末まで利用できます!

 

6月末に予約したEX予約やe特急券は、

予約した列車の発車前に予約変更をすれば、

最初の購入から3ヶ月以内(9月末まで)の列車に変更が可能です。

つまり、6月30日に7月30日の予約を一旦取り、

7月30日に8月30日の予約を取り直し、

8月30日に9月30日の予約を取り直す・・ような手間をかければ、

6月末が期限のグリーンプログラムのポイントを、

9月末の乗車で利用することができます。

 

特に、8月のお盆の時期や9月の連休など、

普通車が満席でもグリーン車は取れる場合もあるので、

6月期限のポイントは、無理に6月7月に利用せず、

8月9月の利用も検討すると良いと思います。

 

ただし、グリーンプログラムで利用できる座席数には制限があるので、

グリーン車に空席があっても利用できるとは限らない点は要注意です。

 

実際にグリーン車に乗ってみた!

上記の方法で、6月末期限のポイントを利用して、

8月上旬に、豊橋から広島まで乗車しました。

豊橋から広島へ直通する列車はないので、

名古屋までは「こだま」、名古屋から広島までは「のぞみ」。

この場合、必要なポイントは、「のぞみ」の1000ポイントになります。

 

支払った料金はe特急券、普通車用と同じ、4,450円。

乗車券は別途購入しました。

 

f:id:mhli:20190804152553j:plain

 

豊橋から名古屋の「こだま」は、JR東海のN700(A)。

f:id:mhli:20190804152642j:plain

名古屋から広島の「のぞみ」は、JR西日本N700Aでした。

f:id:mhli:20190804152713j:plain

N700(A)のグリーン車は乗ったことがありましたが、

N700Aグリーン車は初めてでした。

 

車内はほとんど変わりませんが・・・

 

各座席に電源がある点や、操作方法なども同じ。

いずれにしても、どちらも快適なのは間違いありません。

 

細かい違いとしては、

「のぞみ」は車内販売やおしぼりのサービスがありますが、

「こだま」はどちらもありません。

 

少し疲れていたのもあり、車内ではほとんど寝ていましたが、

乗客が少ない分、車内はとても静かで、ゆっくり過ごすことができました。

 

まとめ

エクスプレス予約の会員向けサービス「グリーンプログラム」を利用すれば、

時々ですが、グリーン車でゆったり移動することができます。

 

エクスプレス予約は、有料(年間1000円+消費税)のサービスですが、

利用する区間によって、料金の割引やグリーンプログラムを活用すれば、

1,000円以上の価値があるサービスです。

(逆に、年に2~3回以下しか利用しない場合は、

 1,000円分のメリットがないかもしれません。)

 

私は、JR西日本のクレジットカード「J-WESTカード」で、

エクスプレス予約を利用しています。

 

J-WESTカードについて詳しく知りたい方は、ぜひ一度、こちらをご覧ください!