サンライズみずほ/乗り鉄+スマホ撮り鉄

鉄道の「楽しい情報」「役に立つ情報」を、前向きに発信しています。Instagramのフォロワーさんが4000人を超えました。

「夏長崎から」に行かなかった後悔

「夏長崎から」とは

歌手のさだまさしが中心となって、

平和について考える目的で行われていたチャリティイベントです。

1987年から2006年まで、毎年8月6日に、長崎で、

毎年恒例のイベントとして行われていました。

 

長崎から広島に向けて、平和を願って歌う、

という趣旨だそうです。

f:id:mhli:20190809032651j:plain


学生時代、行きたかったけど行かなかった・・後悔

学生時代、さだまさしのファンでした。(今もそうです。)

30周年記念コンサート(全8回)を見に行ったり、

3000回記念コンサートも行ったり、

結構本気だったのですが、

この「夏長崎から」は、場所が長崎という遠方で、

当時お金がなかったのもあり、結局一度も行きませんでした。

 

少しバイトして、当日バイトを休めば、十分行けたのですが・・・

 

学生時代に行ったとして、

その時に何を感じることができたか分かりませんが、

行っておけばよかった、という気持ちは、やはり非常に強いです。

「やって失敗した後悔」より、「やらなかった後悔」の方が

大きな後悔として残るというのは、その通りだと改めて思います。

 

やりたいことはやる!

なかなか難しいですが、

これから、できる限りやっていきたいと思います。

 

広島で感じた、世界平和の意味

f:id:mhli:20190809032823j:plain

最近、世界平和の重要性を強く感じています。

広島で平和記念公園を散策しながら、何か感じたのがきっかけです。

被爆者の話を聞いたわけでもなく、衝撃的な映像を見たわけでもなく、

普通に公園を歩いていただけだったのですが、涙が止まらなくなる・・・

という、不思議な体験をしました。

 

こんな悲しい場所を、二度と作ってはいけない!という気持ちで、

何か少しでも自分にできることをしたい!と思っている今日この頃です。

もし今も「夏長崎から」が行われていたら、

他の予定を何とか調整して、毎年行くと思いますが、

今はイベント自体がなく、行くことができず・・・残念です。

 

2019年8月9日、長崎の原爆から74年。

世界がずっと平和であることを祈ります。