サンライズみずほ/乗り鉄+スマホ撮り鉄

鉄道の「楽しい情報」「役に立つ情報」を、前向きに発信しています。Instagramのフォロワーさんが4000人を超えました。

羽田空港からお得に・・モノレール・京浜急行で都内へ

羽田空港の鉄道アクセスは、モノレールと京急

羽田空港東京国際空港)の鉄道アクセスと言えば、大きく2つです。

東京モノレール

京浜急行

 

今回は、モノレールと京急、2社を、お得に利用する方法をご紹介します。

 

羽田空港といえば・・・やっぱりモノレール!

f:id:mhli:20191014090753j:plain

昔から、羽田空港と言えば、モノレールというイメージがあります。

1964年に開業しているそうです。

 

羽田空港では、各旅客ターミナルに対応する駅があります。

羽田空港国際線ターミナル」(国際線ターミナル=第3ターミナルになる予定)

羽田空港第1ビル」(第1ターミナル)

羽田空港第2ビル」(第2ターミナル)

 

浜松町から羽田空港(国際線、ターミナル1、ターミナル2)までの通常の運賃は、

・きっぷを購入する場合は500円

ICカードSuicaなど)を利用する場合は492円

です。

 

東京モノレールの割引きっぷ(1)モノレール羽割往復きっぷ

羽田空港から浜松町まで、往復800円で利用でき、有効期間は10日間です。

非常に便利でお得なのですが、購入できるのが、地方空港の券売機限定なので要注意です。

羽田空港や、モノレールの駅では購入できないので、国内の空港から飛行機で羽田に到着する人以外は使えません。

f:id:mhli:20191014091027j:plain

東京モノレールの割引きっぷ(2)モノレール&山手線内割引きっぷ

羽田空港から浜松町駅まで片道と、浜松町からJR山手線内の各駅までの片道がセットになったきっぷです。

有効期間は当日限り、価格は500円です。

こちらも、モノレール片道分の価格で山手線まで利用できるので、お得感は高いです。

ただし、土休日と年末年始などしか利用できない点、羽田空港発しか設定がない点が要注意ポイントです。

羽田空港の各駅(券売機で購入可能。ICカードでも購入可)または、地方空港のモノレール券売機で購入が可能です。

f:id:mhli:20191014091113j:plain

東京モノレールの割引きっぷ(3)東京モノレール沿線お散歩1dayパス

いわゆる「1日乗車券」です。

東京モノレール全線が、1日乗り降り自由、価格は700円です。

羽田空港から浜松町まで、片道500円ですので、当日中に往復する場合は、このきっぷを買うとお得です。

乗車当日に、モノレールの各駅で発売しています。

ただし、こちらも、土休日や年末年始限定ですので、平日のビジネス利用はできません。

 

東京モノレールの割引きっぷ(4)モノレール&お台場ワクワクきっぷ

羽田空港からモノレールで天王洲アイルまで、りんかい線に乗り換えて東京テレポートまで片道利用できる乗車券です。

有効期間は当日限り、価格は500円です。

こちらは土休日限定ではなく、毎日利用可能。

発売場所は、羽田空港の各駅と、りんかい線東京テレポート駅です。

普通にきっぷを買うと560~710円、リムジンバスも530~630円かかるので、価格的にもお得。

さらに、お台場で、入場料や飲食の割引が受けられますので、お台場にお出かけする際には便利なきっぷです。

 

羽田空港から品川や横浜方面へは圧倒的に便利・・・京浜急行

f:id:mhli:20191014091138j:plain

京急羽田空港アクセスに本格的に参入したのは1993年のこと。

東京モノレールより30年ほども後発です。

しかし、参入後は、羽田空港ターミナルへの延伸、列車の増発、都営浅草線や京成方面への乗り入れ、蒲田駅高架化、運賃値下げなど、様々な利便性向上策が行われ、とても便利に利用できるようになっています。

運賃は、品川まで300円、横浜まで370円、など。

 

個人的に、モノレールと比べてメリットに感じるのは、

・運賃が安め

・横浜方面へ直通

・品川で各線に乗り換えが便利(新幹線、山手線渋谷方面、総武線、新幹線など)

場合によっては、都営浅草線や京成への乗り入れも便利かもしれませんが、あまりメリットを実感したことはありません・・・

 

京浜急行の割引きっぷ(1)京急ANAのマイルきっぷ

割引ではないのですが、ANAマイラーには嬉しいきっぷ。

品川まで300円、泉岳寺まで340円という、通常料金と同じ金額で、ANAの20マイルまたは30マイルが貯まります。

購入できるのは、地方空港の券売機。

羽田空港では購入できません。

正直なところ、個人的には、値段が同じならICカードで乗れた方が便利ではありますが、少しでもマイルを貯めたいという人にはお勧めです。

f:id:mhli:20191014091233j:plain

 

京浜急行の割引きっぷ(2)京急羽田・ちか鉄共通パス

羽田空港から泉岳寺までの片道乗車券と、地下鉄(東京メトロ都営地下鉄)全線の1日乗車券がセットになったきっぷです。

価格は1,200円、有効期間は1日。

泉岳寺までの片道が通常340円、地下鉄の1日乗車券が900円なので、お得感はあまりないのですが、地下鉄をたくさん使う予定なら、便利だと思います。

 

モノレールや京急に無料で乗れる!?

最後に、知っておくとちょっとお得な、モノレールと京浜急行の利用方法をご紹介します。


利用できるのは、羽田空港で、国内線と国際線を乗り継ぐとき。

国際線ターミナルと、国内線ターミナルの間を、無料で利用することができます。

 

利用方法はそれほど難しくありませんが、駅に向かう前に、案内カウンターで、「乗継乗車票」を受け取る必要があります。

その際、航空券(国内線国際線乗り継ぎ)やパスポートの提示が必要です。


無料連絡 京急線・モノレール | ターミナル間の移動について | 交通アクセス | 羽田空港国内線旅客ターミナル

f:id:mhli:20191014091645j:plain



国際線も増えて、2020年に向けてますます便利になる羽田空港

利用するときは、ぜひ参考にしてください。