サンライズみずほ/乗り鉄+スマホ撮り鉄

鉄道の「楽しい情報」「役に立つ情報」を、前向きに発信しています。Instagramのフォロワーさんが4000人を超えました。

近鉄特急のインターネット予約、便利だけどちょっとだけ不満。

近鉄特急は、「ただの特急」ではない!

近鉄特急は、ご存知の通り、

・大阪・京都・名古屋から伊勢志摩方面、

・大阪~名古屋間、

・大阪・京都から奈良方面

など、かなり広範囲の区間で運転されています。

なんといっても、日本の私鉄では最大の路線網を持つ近鉄

伊勢志摩や奈良へのアクセスと言えば、近鉄のイメージが強いですね。

 

近鉄特急は、全車指定席です。

乗車するには特急券が必要です。

車両も、急行や普通とは完全に分けられていて、車内はリクライニングシートです。

アーバンライナー伊勢志摩ライナービスタカー、しまかぜなど、車両もバラエティに富んでいて、楽しいですね。

f:id:mhli:20191108163441j:plain

 

関西の私鉄(阪急、阪神、京阪、南海など)は、料金なしで特急に乗れますし、車両も急行や普通と共通運用されることも多いです。

その点、近鉄では、特急は別格です。

 

近鉄特急のインターネット予約サービスは、なかなか便利。

近鉄特急は、インターネット予約サービスで予約が可能です。

近鉄特急のネット予約は、私の記憶では、10年ほど前、ガラケー全盛の時代に、既にサービスが始まっていたと思います。

f:id:mhli:20191108083721p:plain

 

会員登録は必須ではなく、誰でも利用可能

 

一部、予約できない列車や座席種別がありますが、「しまかぜ」や「青の交響曲」、グループ用の個室なども予約可能です。

 

予約方法は、区間と日時を選択して、候補から列車や座席を選択して、クレジットカード決済

そのまま、チケットレスで乗車できます。

(会員登録すると、「予約のみ→窓口で受け取り」の方法も可能になります。)

 

普通に利用する分には、結構シンプルで使いやすいかな・・と思います。

 

ただ、ちょっとこだわりたい人には若干物足りないと思うことがありましたので、シェアしたいと思います。

 

近鉄特急のインターネット予約サービスで、ビスタカーに乗りたい!

先日、「大阪から名古屋まで、ビスタカーを利用して移動したい」と思った時のこと。

f:id:mhli:20191108163329j:plain

「普通はアーバンライナーじゃないの?」というツッコミはNGです(^_^;)>

 

特急券予約の前に、まずは時刻表を検索して、

大阪上本町ビスタカー)伊勢中川(一般特急)近鉄名古屋

という乗り継ぎができそうだな・・・ということを確認しました。

 

そして、早速、ネット予約サービスを使ってみたのですが・・・

この乗り継ぎが検索結果に出てこない!!

 

理由は単純。

「13分後のアーバンライナーに乗った方が、名古屋に早く到着する」からです。

 

・・・残念。

 

先に出発して遅く到着する組み合わせなので、最初に表示されなくても仕方ないかな・・・とは思います。

ただ、強いて言うなら。

「乗り継ぎ駅(経由駅)を指定する」とか、「乗り換えなしの区間を指定する」とかで、列車を選べると嬉しいな・・・と思いました。

 

インターネット予約で表示されなくてもビスタカーに乗る方法

とはいえ、そう簡単にあきらめるわけにはいきません。

ビスタカーに乗るための選択肢はいくつか考えられると思いますが、参考に、2つの方法を紹介します。

(1)駅の窓口で特急券を購入する。

駅の窓口に行けば、確実に列車を指定して購入できます。

アーバンライナー使わないんですか?」という駅員さんのツッコミは入るかもしれませんが、「ビスタカーの階上に乗りたいので(^_^)」と言えば問題なく発券してもらえるはず。

 

ただ、今回の場合、事前に駅に行く時間がなく、当日だと階上が満席かも・・と思ったので、却下。

ネット予約で対応することにしました。

 

(2)特急列車利用区間(発着駅)を変更する。

ネット予約しか利用できなかった私の場合。

特急列車の利用区間を変更しました。

具体的には、乗車区間を「上本町~桑名」にして予約しました。

そうすると、検索結果には、希望の列車が表示されました。

桑名までに利用区間を変更したことで、アーバンライナーが選択肢から除外されて、希望の列車が「一番早く到着する列車」になったからのようです。

 

なかなか難しい・・・

 

実際には、桑名から名古屋までは、特急の直後に急行があったので、そちらに乗り換えることにしました。

上本町~桑名なら、特急料金は1,640円

上本町~名古屋の1,930円より、290円節約!

 

ちょっと節約!!

と思ったのですが、実はそうではなかった、キャンペーンの罠が・・・

 

近鉄特急の名古屋~大阪間のインターネット予約で300円割引キャンペーン中! 

桑名で下車して節約できた!と思ったのですが、実は、そうでもありませんでした。

 

2020年3月まで、名阪特急のインターネット予約キャンペーンが行われています。

・前日までに

・大阪(難波・上本町・鶴橋)から名古屋までの特急券チケットレス)を

・インターネットで購入

という条件を満たせば、300円引きです!!

ということは、上本町~名古屋の特急料金は、1,630円。

 

桑名より名古屋の方が安いってどうなの??という気はしますが・・・

 

まあ、今回は、ビスタカーに無事乗れたということで、多少損しましたが、よしとします。

 

近鉄特急のインターネット予約サービスを利用する時の乗車券は?

ここまで見てきた、近鉄特急のインターネット予約サービス。

予約できるのは、特急券だけ。乗車券は別途必要です。

 

長距離利用する場合のおすすめは、「株主優待乗車券」。

金券ショップやヤフオクなどで、1枚1800円前後で売られています。

また、近鉄の株主になると、年に2回、所有株数に応じて受け取ることができます。

 

1枚で、任意の区間の乗車に使えるので、運賃が1,800円以上の区間なら、株主優待乗車券がお得になります。

それ以下の場合は、ICOCAPiTaPaなどのICカードを利用するか、乗車券を購入しましょう。

 

まとめ

近鉄特急は全車指定席。特急券が必要です。

特急券は、インターネット予約サービスで買えます!

・インターネット予約サービスは便利だが、希望列車を指定するのは難しいこともある。

・2020年3月まで、名阪特急前日までにネット予約で300円割引キャンペーン中!

・インターネット予約サービスは特急券のみ。乗車券は株主優待ICカードが便利!