サンライズみずほ/乗り鉄+スマホ撮り鉄

鉄道の「楽しい情報」「役に立つ情報」を、前向きに発信しています。Instagramのフォロワーさんが4000人を超えました。

ANAの株主優待券が到着!

11月・12月は、株主優待と配当の季節!

11月から12月にかけて、「みずほ」の家には、配当金の通知や株主優待券・優待品が続々と届きます。

私も妻も株を保有していて、さらに一部は子供の名義でも保有しているので、毎シーズン、結構な数の手紙や荷物が届きます。

株主優待で有名な桐谷さんには遠く遠く及ばないですが、いろいろ、有難く活用しています。

 

今回は、ANAの株主優待券が届いたお話です。

f:id:mhli:20191116235346j:plain

ANAの株主優待は、国内線の優待券とグループ優待券、そしてカレンダーも

ANAの株主優待は、主に2つ。

・国内線の優待券(株主優待番号ご案内書)

 → 「株主優待割引運賃」の航空券を購入可能(フレックス運賃の約半額)

・ANAグループ優待券

 → ANAグループのホテルやパックツアー、買い物などが割引になる

 

あとは、ANAの壁掛けカレンダーもいただけます。

この壁掛けカレンダー、毎年、日本や世界各地の名所のきれいな写真が載っています。

日付の所に予定を書き込むスペースもある程度あるので、我が家では、ここ数年、メインのカレンダー(家族の予定を書き込む)として愛用しています。

 

ANAの株をどのぐらい保有すれば株主優待がもらえるか?

100株以上保有すると、半年ごとに、株主優待番号ご案内書とグループ株主優待券がもらえます。

100株~199株なら半年ごとに1枚、

200株~299株なら半年ごとに2枚、

と、保有株数が増えるにつれて、もらえる枚数が増えていきます。

100,000株だと254枚とか書いてありますが、、桁違いですね・・・

 

ちなみに、11月15日現在の株価。

100株=374,300円。

100,000株=3億7430万円(^_^;)

 

ANAの株主優待番号ご案内書(株主優待券)の使用方法

 

特に難しいことはありません

(1)「株主優待割引運賃」で予約・購入をする。

(この時点で手元にご案内書がなくても購入可能です。)

(2)搭乗手続きまでに、株主優待番号ご案内書の内容を入力する。

(ネットで情報入力、or空港カウンター等で提示)

 

空港カウンターや旅行会社で航空券を購入する場合は、購入時にご案内書を求められます。

一方、ネットでの予約・購入なら、搭乗手続きまでにご案内書が手元にあればOK。

とりあえず予約して、優待券は搭乗当日までに金券ショップ等で入手するのもOKです。


ANAの株は実際どうなのか?

ANAの株主優待券、金券ショップでは1枚3000円~4000円台で取引されています。

配当と、年2回の株主優待とを合計すると。

100株当たり配当が7500円、優待が7500円で、合計約15,000円です。

ということで、配当と優待を含めた利回りは約4%。

株主優待を含めると、まあまあの利回りかと思います。

 

とはいえ、「何か大きな変化があると、大きな影響を受ける」というのが、航空業界。

911のテロや国の情勢で経営状況が激変した航空会社も、世界的に多いですよね。

かつては安泰と思われていたJALの株が紙切れになった過去もあったりします(実際に経験しました(^_^;))。


投資は自己責任で、楽しく気長にしていきましょう。