サンライズみずほ/乗り鉄+スマホ撮り鉄

鉄道の「楽しい情報」「役に立つ情報」を、前向きに発信しています。Instagramのフォロワーさんが4000人を超えました。

東海道新幹線「ぷらっとこだま」でグリーン車に乗車!

東京から新大阪まで、東海道新幹線ぷらっとこだま」で4時間の旅

東京と大阪を往復する時、何を使いますか?

私は、価格や時間を見て、飛行機や新幹線を使い分けています。


今回は、飛行機でも「のぞみ」でもなく、「ぷらっとこだま」を利用することにしました。

チケット購入したときの話はこちら


ぷらっとこだま」はどんな内容の商品?

価格は、東京から新大阪まで、「こだま」の普通車利用で10,700円、グリーン車利用の場合12,200円です。

ちなみに、EX予約の普通車指定席は13,620円。

普通車指定席なら3,000円近く安くなる計算。

グリーン車でも、普通車の価格より安く利用できてしまいます。

 

さらに、この価格で、ドリンク券まで付いてきます

 

ただし、お得な反面、若干の制限もあります。

・払戻手数料が高い、

・指定列車以外は乗車不可、

・予約した駅以外乗降不可、

など。

また、「こだま」は、東京から新大阪まで4時間ほどかかるので、急いでいるときには利用しにくいですね。

 

乗車前・・東京駅でドリンク券を利用してビールをGet!

「こだま」には、車内販売がありません。

ですので、食べ物や飲み物は、乗車前に購入する必要があります。

まずは、大丸の地下でお弁当を購入。

夜なので、2割引になっているお弁当を購入できました。

 

次は、改札口付近の売店で、ドリンク券を使ってビールを獲得

銘柄は、もちろん、私の好きな「ザ・プレミアムモルツ」です。

2,000円でどれだけ飲める?プレモル好きのふるさと納税活用術 - みずほのブログ

 

お店には、スーパードライ一番搾りも売られています。

しかし、ドリンク券との引き換えは、「350ml以下の缶ビール」と指定されているだけで、どの銘柄でも特に差額は必要ありません

なので、プレモルヱビスがちょっとお得な気分ですね(^_^)

<ドリンク券の引換商品>

660ml以下のソフトドリンク

350ml以下の缶ビール

500ml以下の酎ハイ・発泡酒

187mlワイン(+180円追加) 

 

お弁当とプレモルを持って、東京駅から「こだま」に乗車

お弁当とプレモルと、ペットボトルの水を持って、「八重洲中央北口改札」を通りました。

改札は、決められた改札口を利用する必要があります

しかも、JTBで購入した乗車票は、自動改札非対応。

駅員さんのいる改札口を通ります。

そして、「こだま」のグリーン車、8号車に乗車しました。

f:id:mhli:20191217032940j:plain

この列車が、新大阪行きの最終「こだま」。

「のぞみ」なら2時間ほど長く東京に滞在できます(終電は21:23)が、この列車の発車時刻は19時26分。

ということで、4時間の「移動時間(兼作業時間)」がスタートします!!

 

「こだま」のグリーン車の乗客は・・・窓側が埋まる程度

グリーン車の車内は、新横浜を出発した時点で、窓側がほぼ埋まる程度。

2人組などもいましたが、半分程度の乗車率でした。

ちなみに、隣の7号車自由席には、若干、デッキで立っている人もいました。

(ちょっと離れた、1号車や15号車の自由席まで行けば、どこかしらの席に座れる気がしますが・・・)

 

東京出発時点では、私の隣に乗ってくる人がいないことを確認済み。

(EX予約のシートマップで確認できます。)

最初から、2席広々と使用させていただきました。

 

新横浜を出発したら、あとは、乗ってくる人より降りる人が多く、乗客数は減る方向。

新大阪到着時点では、1両に20人ぐらいまで減っていました。

座席が大きいので、写真では、何人ぐらい乗っているのかよく分かりません(笑)

f:id:mhli:20191217033141j:plain

 

「こだま」のグリーン車、乗車後の過ごし方

今回は2席広々と使えたので、まずは、D席の電源にはPC、C席の電源には携帯とモバイルルーターを繋いで、充電をします。

そして、お楽しみの時間。

夕食に、「プレモル」とお弁当をいただきます。

f:id:mhli:20191217033618j:plain

 

贅沢な(?)ディナーが終われば、あとは、作業時間。

静かな環境で、ブログやメール等に集中できます。

グリーン車は、普通車よりテーブルが大きく、しかも手前にスライドするので、パソコン作業も若干しやすい気がしました。

 

「こだま」のグリーン車が、「のぞみ」や「ひかり」のグリーン車と違うのは、おしぼりのサービスや車内販売がないこと。

その代わり、停車駅の自販機や売店で買い物をするチャンスは、何度も設けられています。

 

駅で買い物するときは、発車時間に遅れないように車内に戻りましょう!!

 

まとめ

東京から新大阪まで、「こだま」のグリーン車で過ごす4時間。

長いようですが、プレモルを飲んでブログを書いたりLINEしたりしていると、あっという間に、深夜の新大阪駅に到着します。

 

私のようにブログやSNSに熱中するのももちろんOK。

静かな環境で仕事に集中するのもOK。

睡眠不足なら、静かな場所で仮眠するのもOK。

読みかけの本を一気に読み進めてもOK。

手帳やノートで目標や計画を整理するのもいいですね。

 

4時間あると、結構いろいろできます。

時間が合えば、そして、空席があれば、「こだま」のグリーン車、一度お試しください!!

 

<参考情報>

今回私が利用した「ぷらっとこだま」のグリーン車は12,200円。

一方で、EX予約の会員で、3日前までに予約すれば、「こだまグリーン早特」も利用できて、こちらは、11,410円です。

 

3日前までに予定が決まっていれば、「こだまグリーン早特」がいいですね。

「こだまグリーン早特」が利用できる、EX予約についてはこちらをご覧ください!

東海道新幹線・山陽新幹線をお得に利用する、ネット予約の選び方