サンライズみずほ/乗り鉄+スマホ撮り鉄

鉄道の「楽しい情報」「役に立つ情報」を、前向きに発信しています。Instagramのフォロワーさんが4000人を超えました。

乗換案内アプリより時刻表!大阪から大井川鐵道までの移動

大井川鐵道の「SLフェスタ2020 in 新金谷」に行ってみた!

2月8日(土)と9日(日)に、「SLフェスタ2020 in 新金谷」というイベントが行われました。

場所は、大井川鐵道の新金谷駅付近。

 

私は、Twitterでこのイベントを知って、数日前に、大阪から行くことを決めました。

2/8(土)2/9(日)大井川鐵道の「SLフェスタ2020in新金谷」に行きたい! - みずほのブログ

 

そして、実際に行ってみました。

SLフェスタの記録はこちら!

今回は、大阪から新金谷までの移動の記録です。

SLフェスタ以外でも、大阪から大井川に行ってみたい人は、ぜひ参考にしてください!!

 

早朝に新大阪を出発して、新幹線で・・・掛川でなく浜松まで!

今回、大阪から新金谷までの移動は、新幹線とJR、大井川鐵道を利用しました。

 

乗換案内アプリで、新大阪から新金谷まで始発で検索すると。

掛川乗り換えで11時台に到着するルートしか出てきませんでした。

 

もうちょっと早くできないかな・・・と思って、時刻表鉄の血が騒ぎます(^_^)

 

いろいろ調べた結果。

新大阪から名古屋までは「のぞみ」、名古屋から浜松まで「ひかり」を利用すれば、新金谷に9時過ぎに到着することが分かりました!

こういう時、時刻表鉄としては、めちゃくちゃ嬉しい!!

 

でも、このような、「もう少し早くいけるかもしれない!」とか、「この列車がちょうどいい!」とかいう感覚も、近い将来、AIに代替されてしまうんでしょうか・・・

便利になるのはいいですが、時刻表を調べる楽しみは、奪わないでほしいですね。

f:id:mhli:20200212234935j:plain

さて、ここからようやく、実際に乗ったときのお話です。

 

今回は、「のぞみ」と「ひかり」、いずれも、指定席を取りましたが、空席が多かったので、自由席を利用しました。

早朝ということもあり、指定席も自由席も、かなり空いていました。

未就学児2人を連れて、3人掛けを利用しても全然問題ない状態。

こういう時は自由席に限りますね。

車内販売のコーヒーは、700系デザインのカップでした。

700系デビュー当時のコーヒーを、経費で味わう!? - みずほのブログ

 

浜松から金谷へは、211系、トイレないので子供に要注意!

浜松からは、普通列車、211系に乗り換えます。

新車の導入が発表されて、211系も、残り数年です。

 

浜松駅では、3番線で、211系と313系と切り離しが行われていました。

そして、

・豊橋寄りの313系は豊橋行き

・静岡寄りの211系は興津行き

になるという運用。

乗り間違い注意です!

f:id:mhli:20200212235311j:plain

先に313系の豊橋行きが出発してから、211系のドアが開きました。

乗り間違い防止で仕方ないとは思いますが、外で待つのは寒かった(^_^;)

 

ここから、211系の普通列車に40分ほど乗って、金谷に向かいます。

 

40分は、子供にはちょっと長くて、途中でちょっと飽きてしまいました。

また、211系は、トイレがないのも要注意。

乗る前に、子供を連れてトイレに行っておくのがとても重要です。

 

金谷で大井川鐵道に乗り換え!

金谷に着いたら、大井川鐵道に乗り換えます。

f:id:mhli:20200212235447j:plain

 

金谷から新金谷までは数分。

きっぷを買って乗りますが、久しぶりに見た、硬券!

f:id:mhli:20200212235355j:plain

改札で鋏を入れてもらって乗車、降りる時は、そのままお持ち帰りOKでした。

 

車内からは富士山も見えて、良い感じ!

f:id:mhli:20200212235540j:plain

 

そんな感じで、6時過ぎに新大阪を出て、9時過ぎに新金谷に到着しました。

 

新大阪から新金谷まで、いくらだった?

在来線と乗り継ぎの時は、乗車券とe特急券の併用が安いことが多いです。

・大阪市内から金谷までの乗車券 6,050円

・新大阪から浜松までの自由席特急券(エクスプレス予約のe特急券も同額)3,400円

合計9,450円。

 

しかし、今回。

「EX予約運賃ナビ」で調べてみたら、浜松で分割した方が安かった!

・新大阪から浜松まで(EX予約サービス)8,370円

・浜松から金谷までの乗車券 770円

合計9,140円

 

ということで、今回は、EX予約サービスを利用しました。

新幹線や西日本の特急を利用するならメリット大!J-WESTカード! - みずほのブログ

 

そして、金谷から新金谷までは、現金払いで、150円。

合計9,290円でした。

 

まとめ

大阪から新金谷まで、片道約3時間、約1万円の移動の記録をご紹介しました。

同じルートで単純に往復したら、2万円弱。

SLのために2万円か・・・という気もしますが、USJに家族で行っても、きっと同じぐらいかかります。(行ったことないけど。)

 

SLフェスタは楽しかったし、SL乗るのも楽しかったし、子供も楽しんでいたので、まあ、2万円以上の価値はあったかな・・・と思います。

 

もっと言えば、数年後には、今回のように大人1名分では済まなくなります。

子供運賃×2がプラスされるので、行きづらくなるかも・・・

そう考えたら、今年は良いタイミングで行けた!

 

 

これからも、楽しいこと、いろいろやって、発信していきたいと思います!

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。