サンライズみずほ/乗り鉄+スマホ撮り鉄

鉄道の「楽しい情報」「役に立つ情報」を、前向きに発信しています。Instagramのフォロワーさんが4000人を超えました。

JTBの「トク得!ひかり・こだま」でお得に山陽新幹線を利用する

新大阪から岡山・広島・博多・熊本方面に行くなら・・・

山陽新幹線に乗る時、どうやって列車を選んでますか?

普通は、「みずほ」「さくら」「のぞみ」を利用することが多いと思います。

停車駅が少なくて所要時間は短いですし、列車本数も多いので、便利です。

ただ、料金があまり安くないのが難点です。

例えば、新大阪から博多まで、「みずほ」の指定席の通常料金は、15,600円ほどかかります。

f:id:mhli:20200201010009j:plain

地味な存在の「ひかり」や「こだま」は、空いていることが多い!

一方で、山陽新幹線ではちょっと地味な存在の「ひかり」や「こだま」。

停車駅が多かったり、本数が少なかったり、所要時間が長かったりして、長距離の移動にはなかなか使いにくい列車ではあります。

ただ、その分、乗る人も少なく、車内は空いていて、ゆったりできることが多いです。

「ひかり」「こだま」を使って安い商品「トク得!ひかり・こだま」

そんな「ひかり」や「こだま」を利用する、格安の旅行商品「トク得!ひかり・こだま」という商品が、JTBから発売されています。

この記事では、私が先日JTBの「トク得!ひかり・こだま」を利用した時の感想や、メリット・デメリット等をご紹介します!

f:id:mhli:20200127144806j:plain

「トク得!ひかり・こだま」のメリットは?

まずはメリットから。

かなり大きなメリットがあるので、予定さえ合えば使わない手はありません!!

(1)価格が安い

新大阪からの価格で比較してみます。

※()内は通常の指定席料金

岡山:3,700円(6,140円)

広島:6,200円(10,420円)

博多:6,900円(15,280円)

熊本:8,900円(18,880円)

鹿児島中央:11,900円(22,310円)

説明するまでもないですね。区間によっては通常料金の半額以下です!!

(2)普通車指定席で確実に座れる!

利用できるのは「ひかり」「こだま」の普通車指定席。

確実に座って、ゆっくり移動できます。

500系や700系(レールスター)で運転される「こだま」なら、指定席は2+2列のゆったりシート。

若干長い移動時間も、快適に過ごせます。

(3)九州方面は、+500円でグリーン車が利用可能!

九州方面のプランは、+500円でグリーン車を利用できます。

グリーン車が連結されているのは「ひかり」だけですが、

3時間以上かかる移動時間、500円なら気軽にグリーン車でくつろげますよね(^_^)/

(4)おたのしみクーポン200円分がついている!

博多駅や広島駅など(行先によって使える場所が違います)で使えるクーポン券、200円分がついてきます。

新幹線で飲むためのビールやお酒を買ってもいいですし、お土産を買うのに使ってもいいですね!

(5)片道、1名から利用できる!

旅行会社のプランや、JRの「こだま指定席きっぷ」などの割引きっぷを利用する場合。

2人以上での利用が条件になっていたり、往復が条件だったりすること、結構多いです。

そんな中、この「トク得!ひかり・こだま」は、片道、1名でも利用できます

家族旅行や帰省はもちろん、出張や一人旅にもぴったり。

(6)インターネットで予約・購入が可能!もちろんJTB店舗でも。

ホテルも飛行機も列車もレンタカーもネット予約が当たり前の時代。

こちらの「トク得!ひかり・こだま」も、JTBのサイトからネット予約が可能です。

もちろん、JTBの店舗でも購入できます。

いろいろな購入方法から選べるのは、便利ですね!

「トク得!ひかり・こだま」のデメリットは?

たくさんのメリットがありましたが、その反面、デメリットもありますので、しっかり確認しておきましょう。

(1)変更やキャンセルの手数料が高い!

「トク得!ひかり・こだま」は、JRのきっぷではありません。

JTBの企画旅行(パッケージツアー)の商品です。

従って、キャンセルする場合のキャンセル料は、JRの払戻手数料とは違います。

例えば、10日前から20%、当日なら50%など。

出発が近付くほど高くなります。

直前に予定変更の可能性がある場合は、利用しにくいですね。

(2)指定した列車の指定した席以外には乗れない!

通常の指定席特急券や自由席特急券なら、予定していた列車に乗り遅れても、後続列車の自由席に乗ることが可能です。

一方、「トク得!ひかり・こだま」のきっぷは、指定された列車の指定された設備のみ有効です。

他の列車には乗れませんし、指定された列車の自由席に乗るのもNGです。

団体扱いで安くなっているので、このあたりの条件が付くのはある程度仕方がありません。

キャンセル料と同様、直前に変更の可能性がある場合は、利用しにくいですね。

(3)座席の指定ができない!

エクスプレス予約やe5489、駅の窓口できっぷを買う時は、空席がある限り、好きな座席を指定してきっぷを購入することができます。

しかし、「トク得!ひかり・こだま」では、座席指定ができません。

「窓側・通路側」のリクエストもできないのは、窓側好きの私達には結構不安です。

(JTBの店舗の場合、端末でリクエストできるのか・・・未確認です。)

500系なら6号車の指定席(元グリーン車)が広い!と、知っていても、6号車を指定することができないもどかしさ・・・

これも、安いから仕方ないと思うしかないですね。

(4)列車限定で所要時間が長い

おそらくこれが最大の難点。

「ひかり」「こだま」は、停車駅が多いので、「のぞみ」「みずほ」「さくら」と比べると、所要時間が長いです。

「こだま」の場合、新大阪から広島まで3時間ほど、博多まで5時間ほどかかったりするので、時間に余裕がないと利用しにくいのは難点です。

九州新幹線内も「つばめ」限定なので、熊本まではまあまあ便利ですが、鹿児島中央に行くのはピンポイントで時間が合わないと使えません。

逆に、山陽新幹線の、朝の博多行き「ひかり」と夜の新大阪行き「ひかり」はおすすめ!

停車駅が少ないので、早起きや深夜到着が問題なければ、とても使い勝手がいいです。

(5)当日駅で買えない!

「トク得!ひかり・こだま」の予約期限は、ネット予約が出発の5日前、JTB店舗が出発の前日になっています。

事前に予定を決めないといけないので、やはり、直前の変更には対応しにくいですね。

f:id:mhli:20200305231144j:plain

「トク得!ひかり・こだま」の価格は?

2020年4月現在の、新大阪からの価格をまとめてみました。

f:id:mhli:20200318073122j:plain

※GWやお盆休みなど、繁忙期は料金が変わります。

 

率直に言って、めちゃくちゃ安い!

変更しにくくて所要時間が長いなどのデメリットが許せるなら、使わない手はありません!

「トク得!ひかり・こだま」で利用できる列車は?

行き先によって使える列車が指定されているので、JTBホームページのデジタルカタログなどを確認しましょう。

基本的には、

・「こだま」は、利用区間によらず、ほぼ全列車が対象。

・「ひかり」は、区間によって対象だったり対象外だったり。

(便利なのは朝の新大阪発博多行きと夜の博多発新大阪行き)

・九州新幹線は「つばめ」全列車が利用可能。

・「のぞみ」「みずほ」「さくら」は対象外。

おおよそこんな感じです。

なお、グリーン車が利用できるのは「ひかり」だけなので要注意です。

f:id:mhli:20200201010230j:plain

「トク得!ひかり・こだま」よりお得な商品はある?

大人1人の料金で考えると、私の知る限り、「トク得!ひかり・こだま」より安い商品はありません。

ただ、例外は、子供がいる場合。

子供料金1,500円の「こだま指定席きっぷ」の方が安くなる場合があります!

子供連れで広島までの各駅に行くなら、JR西日本のネット予約「e5489」から「こだま指定席きっぷ」を予約するのが良いかもしれません。

未就学の子供と乗るなら、自由席が良いかも・・・

運賃料金無料の未就学児と一緒に乗る場合。

大人の人数分の指定席だと、逆に窮屈な思いをする可能性があります。

「こだま」の自由席は、空いていることが多いので、未就学の子供がいるなら、あえてこの商品は利用せず、自由席を利用する方が、広々と過ごせる可能性が高いです。

なお、ラッシュ時期やラッシュ時間帯の場合は、「こだま指定席きっぷ」で子供の分の指定席も確保するのが確実で、料金も安くなります。

ケースバイケースで使い分けましょう。

「トク得!ひかり・こだま」の予約方法は?

「トク得!ひかり・こだま」は、JTBのサイトから、ネットで申し込みが可能です。

<岡山・広島行き>

新幹線バリューパック!トク得!ひかり・こだま岡山・倉敷・広島・宮島口 

<小倉・博多行き>

新幹線バリューパック!トク得!ひかり・こだま 博多・小倉 

<新鳥栖・久留米・新玉名・熊本・鹿児島中央行き> 

新幹線バリューパック!トク得!ひかり・こだま+つばめ 新鳥栖・久留米・熊本・鹿児島中央

 

出発の5日前までならネットで予約が可能です。

電話予約も同じく5日前まで

関西地区のJTBの店舗で購入する場合は、前日まで購入可能です。

 

ネットでの予約手順は下記の通り。全く難しくありません!

(1)「往路」「復路」「往復」いずれかを選択

f:id:mhli:20200318020836p:plain

(2)往路の乗車日を指定

f:id:mhli:20200318021017p:plain

(3)往路の乗車区間と列車・人数を指定

f:id:mhli:20200318021146p:plain

f:id:mhli:20200318021309p:plain

f:id:mhli:20200318021431p:plain

(4)復路も同様に、日付と区間・列車・人数を指定

(5)予約(希望)内容を確認、希望通り予約できない場合の取り扱いを選択

f:id:mhli:20200318021853p:plain

f:id:mhli:20200318021955p:plain

(6)規約を確認してチェックを入れる。

(7)メールアドレスや名前、支払い方法等を入力する。

 

以上で、申し込みが完了します。

「トク得!ひかり・こだま」ネットでの申し込みから出発まで

上記の手順で申し込んだ時点では、まだ、座席の確保がされていません。

予約可能(または予約不可)の連絡が、72時間以内にメールか電話で連絡が来ますので、楽しみに待ちましょう!

(1)予約可能メールが届いたら、支払いをすると予約が確定。

予約可能のメールが届いたら、期限内に支払いを完了しましょう。

期限内に支払いが完了すると、予約が確定します。

(2)レターパックでチケットが届いたら、あとは乗るだけ!

予約確定後、「レターパック」で自宅にチケットが送られてきます。

出発までに必ず受け取りましょう!

あとは、きっぷを持って当日駅に向かえばOK!

「トク得!ひかり・こだま」で実際に「500系こだま」に乗ってみた

「トク得!ひかり・こだま」のきっぷはこちら!

乗車券は、「大阪市内」「広島市内」の各駅から(まで)有効です。

f:id:mhli:20200317001737j:plain

このきっぷで広島から新大阪まで500系に乗った時の記録がこちら!

500系こだま、広々くつろげる指定席 - みずほのブログ

500系の指定席に乗るなら、6号車(左の写真)が広くて良いですね。

f:id:mhli:20200127145712j:plainf:id:mhli:20200127145743j:plain

ちなみに、広島から新大阪までの所要時間は3時間以上。

「のぞみ」なら1時間20分なので、倍以上かかります。

ボーッと過ごすとつらいですし、子供もちょっと飽きてくるかも・・

一方で、PCやスマホで作業したり、読書するにはちょうどいいかもしれません。

PC作業派の私としては、電源があれば言うことないんですけどね(^_^;) 

まとめ

以上、山陽新幹線をお得に利用できる、JTBの「トク得!ひかり・こだま」について、ご紹介しました。

大阪から博多まで「こだま」に乗るとなると、「苦行」に近いですが(笑)

大阪から岡山・広島に行くなら、所要時間的にも十分許容範囲。

金額的にも、岡山なら2,000円以上、広島なら4,000円以上節約できます。

新幹線代が浮いた分、ホテルや観光、食事などをワンランクアップさせてもいいですね!

f:id:mhli:20200318031122j:plain

 

ということで、今度の出張や旅行。

JTBの「トク得!ひかり・こだま」を利用してみてはいかがでしょうか。

新幹線バリューパック!トク得!ひかり・こだま岡山・倉敷・広島・宮島口 

 

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。