サンライズみずほ/乗り鉄+スマホ撮り鉄

鉄道の「楽しい情報」「役に立つ情報」を、前向きに発信しています。Instagramのフォロワーさんが4000人を超えました。

ニセコエクスプレスのクラファンのお礼の品が届いた!

10ヶ月ほど前のこと。

「ニセコエクスプレス」を守るクラウドファンディングに支援をしました。

担当者の方の非常に熱心な活動の甲斐があって、目標額以上の支援を達成!


先日、待ちに待ったお礼の品が届きましたので、ご紹介します。

お礼の品は、パスケースと写真集。お礼状も一緒に。

とりあえず、写真はこちら!!

f:id:mhli:20200325022956j:plain

(1)パスケース

C62の写真が入った、白色のパスケース。

ICカードを入れておくのにちょうど良さそうな感じです。

(2)写真集

「ニセコ」の駅名標が表紙。

中身は、もちろん、ニセコエクスプレスやニセコ町の風景が主役。

そして、それ以外にも、北海道各地で活躍したSLやディーゼルカーがたくさん納められています。

 

結構古い写真も多くて、貴重な記録になっていると思います。

(3)お礼状

手書きの宛名入りでした。

(写真では削除してますが、最上部に「○○様」と書かれていました。)

f:id:mhli:20200325023036j:plain

支援者423名の氏名を手書きするのは、並大抵の労力ではなかったはず。

本当に、主催者の方、事務局の方の熱意には頭が下がります。

ニセコエクスプレス里帰りの現状は?

現在、車両の保存のための準備が進められています。

北海道という厳しい気候の場所で、長期保管に耐えられる整備を、JR北海道の苗穂工場など様々な方々のご協力もいただきながら、検討し、進めている状況とのことです。

 

お礼状によれば、今年の夏頃には、ニセコに里帰りする予定。

展示が始まったら、家族で必ず見に行きます!!

支援者の一人として、名前を展示車両に載せていただけるのも、ちょっと嬉しいポイントです。

里帰りしたニセコエクスプレスを支援するなら「ふるさと納税」で!

ちなみに。

お礼状の裏面は、ふるさと納税のお願いの文書でした。

f:id:mhli:20200325023100j:plain

鉄道車両などを良い状態で保存していくには、当然費用も掛かります。

それを、「ふるさと納税」という形で支援できますよ、というお知らせでした。

ご興味がある方は、こちらから、ニセコ町への「ふるさと納税」ができますよ。

北海道ニセコ町のふるさと納税で選べるお礼の品一覧 | ふるさとチョイス

 

ふるさと納税については、下記の記事で詳しく説明しています。

とってもお得な制度なので、ふるさと納税未経験の方は、ぜひ一度ご覧ください!

 

 

以上、ニセコエクスプレスのクラファンの返礼品をご紹介しました。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。