サンライズみずほ/乗り鉄+スマホ撮り鉄

鉄道の「楽しい情報」「役に立つ情報」を、前向きに発信しています。Instagramのフォロワーさんが4000人を超えました。

【今月のワンクリックアンケート】あなたの使っているスマホは?<Android(アンドロイド)> or <iPhone(アイフォン)>
※先月の結果はこちら

乗り鉄のお伊勢参り(4)本日2つ目のメインイベント!

今回は、津駅で下車してからの記録です。(鉄分薄めですw)

津駅までの行程はこちらから。

乗り鉄のお伊勢参り(1)大阪から伊勢市へ(ちょっと寄り道!?)

乗り鉄のお伊勢参り(2)伊勢市駅から外宮へお参り

乗り鉄のお伊勢参り(3)お伊勢参りの後は、鈴鹿に寄って津へ(鉄印と乗りつぶし)

17:23、近鉄で津駅に到着。メインイベントはこれから!?

大阪から賢島まで近鉄に乗って、参宮線に乗って、お伊勢参りをして、伊勢鉄道の鉄印と近鉄鈴鹿線を制覇して・・・到着したのは津駅。ひらがな1文字で、日本一短い駅名として有名な、三重県の県庁所在地です。

f:id:noritetsu-papa:20220702235004j:image

津で下車して向かった先は・・・

三重県文化会館。

f:id:noritetsu-papa:20220702235123j:image

伊勢神宮に続く、この日の2つ目のメインイベント「さだまさしコンサートツアー2022~孤悲~」の会場です。

津駅から三重県文化会館までの徒歩でのアクセス

三重県文化会館の公式サイトによれば、津駅から徒歩で1.8km、約24分とのことでした。開演時刻の18時には十分間に合うはず!(下記、三重県文化会館のサイトより引用)

ということで、17:25頃に津駅を出発し、早足で歩いた結果、無事、17:48頃に会場の入り口に到着、17:55頃には着席することができました。

しかし。やはり開演の1時間前ぐらいに津駅を出て、30分前ぐらいには到着しているのが理想的ですね。息が切れて落ち着かない状態でコンサートを見るのも、気分的に勿体ないです。

「さだまさしコンサートツアー2022~孤悲~」ってどんなの?

まだ開催中のツアーですし、ネタバレは好ましくないので、あまり詳しくは書きません。

6月に発売されたアルバム「孤悲(こい)」の収録曲を中心に、さださんのメジャーな曲、昔の曲や、トークも織り交ぜて、約2時間半のコンサートでした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

孤悲 [ さだまさし ]
価格:3850円(税込、送料無料) (2022/7/3時点)

楽天で購入

 

「平和」とか「愛」とか、さださんがずっと歌い続けられているテーマを、これまで以上に強く感じたコンサートでした。

70歳になったさださんなので、お客さんは50代以上の方が大半なのですが、私たち子育て世代へのメッセージや、私より若い人に聞いてほしいメッセージが盛りだくさんだった気がします。

戦争を直接止めることはできないけれど、自分に何ができるのか??

さださんは、音楽という形でたくさんの方にメッセージを伝えられているわけですが、私も私なりに何かできるのではないか?というか「何かしなきゃ!」という元気をいただいた、素晴らしいコンサートでした。

「孤悲」の曲は事前に聞いていたのですが、曲を作った経緯や思いをトークで聞くと、歌詞の受け取り方が全く変わることを実感。3階席でちょっと遠かったですが、同じ場所を共有するのは、すごく意味のあることですね。

わざわざ津まで出かけた甲斐がありました。

伊勢神宮でパワーをいただき、コンサートでもパワーをいただき、最高の1日でした。

コロナ禍のコンサートはいろいろ面倒。

今回のコンサートでは、入場前に、検温と消毒、健康チェックシートの提出がありました。

f:id:noritetsu-papa:20220703012001j:image

そして、退場時は「密」を避けるために規制退場。すぐに退場できません。

このあたりを考慮しても、やはり、早めの到着と、余裕を持った復路スケジュールの設定が重要です。

一方で、コロナ禍だからこそのメリットもあります。それは、人気の公演でも比較的チケットが取りやすいこと。今回も、1週間ほど前に思い立って、ネットで予約することができました。

コンサートに限らず、列車のチケットやイベントなども、コロナ前は全然取れなかったのが意外と簡単に取れたりするので、諦めないことが肝心ですね。

最近はまた人出も増えてきましたけど。

三重県文化会館から津駅までは、臨時の直通バスに乗車。

コンサート終了後は、津駅に戻るわけですが、会場を出ると、津駅西口行きの直通バスが停車中!タイミングよく1台目に乗ることができ、10分ほどで津駅に到着しました。

f:id:noritetsu-papa:20220703012143j:image

往路は徒歩で20分ほどかかりましたが、やっぱりバスは楽で早いです。210円以上の価値がありました。

 

ということで、今回は鉄分薄めに、さだまさしさんのコンサートについての記録でした。

次回は、津から大阪まで帰路の記録です。「ひのとり」が停車中でしたが、乗りませんでした(笑)

f:id:noritetsu-papa:20220703012303j:image

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。