サンライズみずほ/乗り鉄+スマホ撮り鉄

鉄道の「楽しい情報」「役に立つ情報」を、前向きに発信しています。Instagramのフォロワーさんが4000人を超えました。

撮り鉄はスマホ?一眼レフ?2000円で一眼レフを手に入れたい!

2000円で一眼レフが手に入るかも??

一眼レフが欲しい撮り鉄の方、必見です!

 

前置き・・撮り鉄にはカメラが必要か?

スマホやコンパクトデジカメで撮り鉄はどうなのか。

SNSで時々話題になる、永遠に答えの出ないネタです。

f:id:mhli:20200220222617j:plain

自分は自分、他人は他人。

みんなそれぞれ好きなカメラで撮ったらいいと思うんですけどね。

無駄な議論にしか見えない・・・

 

さて、そんな私も、最近は完全に「スマホ鉄」。

記録としては問題ない写真が撮れますし、SNSにアップするのも断然楽。

子供を抱っこしながら一眼レフというのも、結構つらそうですし。

 

でも、時々、一眼レフが欲しいという衝動に駆られたりもするわけです。

 

ふるさと納税のいろいろな返礼品

以前、ふるさと納税についての記事をアップしました。

お得な制度、知っておいて損はないので、ぜひ一度ご覧ください!

 

鉄道好きならこんな感じ! 


プレモルなどお酒好きの方にはこんなのも! 


私は、2019年のふるさと納税は、お米、野菜、うなぎ、そして、「プレモル」などを返礼品としていただきました。

合計10万円弱ですが、実質2000円の負担になりました。

 

2020年のふるさと納税も、楽しみながら悩む、返礼品選び。

2020年は返礼品をどうするか。

まだ、とても悩んでいます。

 

そんな中で、ふと思い立って調べてみたら、見つけたのが、一眼レフカメラ!!

一眼レフカメラが返礼品になっているのは、キヤノンの工場がある、「大分県国東市」。

【ふるさと納税】キヤノンミラーレスカメラ(EOS Kiss M・ダブルズームキット・ブラック) 

f:id:mhli:20200220223320p:plain

 

28万円の寄付で、「CANON EOS Kiss M ダブルズームキット」が返礼品として受け取れます!!

 

これが実質負担2000円だったら絶対欲しい!!

と思いますが、1つ問題が発生・・・

 

「ふるさと納税」、上限額を超えると「超割高ネットショップ」!!

28万円の寄付を、実質負担2000円でするためには。

独身か共働きのサラリーマンの場合、1200万円ほどの年収が必要です。

なんと!

結構ハードルが高い!!

 

ちなみに、私の給与その他諸々の収入では、控除されるのが9万円ほど。

20万円近い自己負担が発生する計算です。

これは、超割高!!

「買った方が安い!」と思いつつ、「収入増せばいいじゃん!」という気持ちもあり、しばらく保留です。

 

カメラ以外にも、返礼品はバラエティ豊か

例えば、列車を走らせる返礼品は10万円ほどから。

今年の私の本命はこちらです。

ふるさと納税で自分だけの貸切列車を走らせる! - みずほのブログ


手軽な所では、鉄道会社のフリー乗車券や、観光列車のチケットなどもあります。

一度、乗りたい鉄道会社など、探してみると面白いですよ!

所得税や住民税を払っている人なら、メリットある可能性が高いので、要チェックです。

【楽天市場】 [ふるさと納税はじめてガイド] ふるさと納税とは 

 

まとめ

2000円で一眼レフはちょっとハードルが高かったですが・・・

2000円で貸切列車を走らせたり、2000円で観光列車に乗ったり、メリットたっぷりのふるさと納税。

未経験の方でも、意外と簡単です。

早速、2020年から、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。