サンライズみずほ/乗り鉄+スマホ撮り鉄

鉄道の「楽しい情報」「役に立つ情報」を、前向きに発信しています。Instagramのフォロワーさんが4000人を超えました。

【今月のワンクリックアンケート】あなたの使っているスマホは?<Android(アンドロイド)> or <iPhone(アイフォン)>
※先月の結果はこちら

富山地方鉄道のICカード「ecomyca(えこまいか)」が旅行者にも便利!

旅行先の中小私鉄、ICカードがお得だけれど・・・

SuicaICOCAPASMOPitapa、など、

鉄道系ICカードはどんどん種類が増えてきています。

JRを中心としたメジャーどころは、提携が進んでいて、

SuicaICOCAを1枚持っていれば、

全国各地でJRや私鉄や地下鉄などに乗れてしまう、

非常に便利な世の中になってきています。

 

一方で、中小の私鉄では、

各社独自のICカードを採用しているところも多くあります。

運賃割引や、チャージの割り増しなど、いろいろメリットがあるのですが、

1日や2日の旅行でわざわざ買って使うメリットがあるか・・・

というのは、旅行者にとって悩みどころです。

 

今回、富山地方鉄道ICカード「ecomyca(えこまいか)」を、

富山日帰り旅行の時に使ってみました。

 

f:id:mhli:20190729122532j:plain

f:id:mhli:20190729122253j:plain

 

富山地鉄ICカード「ecomyca(えこまいか)」

ecomyca | 富山地方鉄道株式会社

富山地鉄のサイトでは、下記のように紹介されています。

ecomycaカードは、富山地方鉄道ICカード乗車券です。小銭が不要でリーダーにタッチするだけで運賃の支払いができる便利なカードです。
富山軌道線(市内電車・環状線)、路線バス(但し、高速バス、県内高速バス、季節運行バス、特急バス、観光路線、まいどはやバス以外のコミュニティバスは除く)及び鉄道線に乗車できます。 1枚で定期も搭載でき、まいどはやバス、富山ライトレールポートラム、フィーダーバス(パスカの割引適用)にも使用できます。

販売価格は2,000円。

そのうち500円がデポジット、1,500円が利用可能額です。

払い戻すと、デポジットは返ってきます。

 

利用できるのは、富山地鉄やライトレールなど、富山地区限定。

ICOCASuicaとの相互利用はできず、あいの風とやま鉄道も利用できません。

 

ICカードを利用するメリットとして、

富山地鉄(軌道・鉄道・バス)の運賃の割引があり、

通常運賃から10%引きになります。

 

実際に「ecomyca」を日帰り旅行で使ってみた!

今回、富山に出かける用事があり、少し時間があったので、

まだ一度も乗ったことがない、富山地鉄に乗ってみることにしました。

あまり時間もなかったので、乗れそうな区間は、

電鉄富山宇奈月温泉

宇奈月温泉~新黒部(新幹線の黒部宇奈月温泉駅へ)

だけでした。

 

普通の乗車券を買うと、1,840円+630円=2,470円。

1日フリーきっぷは2,500円。

誤差の範囲ですが、1日乗車券は微妙に高い!

 

そこで、ICカード「ecomyca」を使ってみることにしました。

 

まず、電鉄富山駅で、2,000円でICカードを購入。

ICカードで乗車しました。

 

f:id:mhli:20190729122415j:plain

 

電鉄富山駅から宇奈月温泉駅まで、

1,840円のところが、1割引の1,660円になりました。

この時点で、購入時の利用可能額1,500円では残額不足。

160円を追加で支払いました。

このあと1,000円以上使う予定があるなら、

追加でチャージしても良かったですね。

 

次に、宇奈月温泉駅から新黒部駅へ。

通常運賃630円を支払いました。

 

最後に、電鉄富山駅で払い戻して、デポジットの500円を返してもらいました。

 

最終的に、実質負担額は1,660円+630円=2,290円。

普通にきっぷを購入した場合の2,470円より、

180円ほど安く済ませることができました。

 

中小私鉄のICカードを買うべきかどうかの判断基準

今回は、富山地方鉄道の「ecomyca(えこまいか)」を使って、

180円ですが、節約することができました。

他の中小私鉄のICカードも、

2,000円(うち500円はデポジット)で販売されていることが多いですが、

旅行者でもICカードのメリットを受けられることがあります。

・1,500円分以上利用する予定がある。

・1日乗車券が高い。

ICカード利用時に運賃の割引がある。

(チャージ増額は、リピーターか高額利用者でないとメリット少ない)

・窓口で払い戻す時間がある

これらの条件に当てはまる場合は、1日や2日の利用でも、

ICカードのメリットを享受できる可能性がありますので、

旅行の際には、余裕があれば、検討してみましょう!

 

(とはいえ、数百円の差なので、「気にしない」という作戦もありです!)