サンライズみずほ/乗り鉄+スマホ撮り鉄

鉄道の「楽しい情報」「役に立つ情報」を、前向きに発信しています。Instagramのフォロワーさんが4000人を超えました。

キハ183系「旭山動物園号」の世界観を再現するクラファン

ニセコエクスプレスと仲間!?

5月に、ニセコエクスプレスを守るクラウドファンディングに参加しました。

  

クラファンを主催されていた担当者の方の熱意と、全国のファンの方々の熱い気持ちが集まった結果、見事に目標を達成し、今は、保存に向けて様々な作業が進んでいるようです。

私も、気持ち程度の金額ですが、支援させていただきました。

引き続き、担当者の方は大変だと思いますが、保存に向けての作業が順調に進むことを願っています。そして、できるだけ早い機会に、ニセコエクスプレスに会いに行きたいと思います!

 

 

それから3か月弱経過して、数日前、「旭山動物園号」のクラファンが行われていることを知りました。

 

同じ「北海道の鉄道(キハ183系)」というつながりがあり、最初は、似たようなプロジェクトかと思って見てみたのですが、少し毛色が違う企画であることが分かりました。

ニセコエクスプレス」が、どちらかというと「鉄道ファン」対象の企画だったのに対し、今回の「旭山動物園号」は、「旭山動物園のファン、あべ弘士さんのファン」対象の企画のようです。

 

同じキハ183系ですが、鉄道車両を残す話と、絵本の世界観を残す話では、こんなにも違うんだな・・と感じました。

 

旭山動物園号の世界観を再現する!

さて、その「旭山動物園号」のクラファンがこちら。

E587c3b0b741f3bbb8a4f47b4c580635b644ef48

 

 

 

8月20日現在、既に1200万円以上が集まっており、第一目標の1000万円は達成済み。

第二目標の1300万円に向けて、引き続き挑戦中です。

 

第一目標の1000万円で実現されることは、旭山動物園内に、「旭山動物園号」の世界観を再現した空間を作ること。

そして、第二目標を達成できれば、イベントホールの外部にも動物園号をイメージできるような装飾を行うそうです。

 

旭山動物園のファンはすごい!

残り日数を10日も残して第一目標を達成したのは、やはり、旭山動物園に行ってファンになった人、そして、あべ弘士さんの世界観に共感している人が、北海道をはじめ全国にたくさんいるからではないかと思います。

短期間に400人弱も支援が集まるのは、並大抵のことではないと思います。

私も一度旭山動物園には行ったことがありますが、子供と一緒に、2日間、とても楽しんだ記憶があります。

旭山動物園に、さらに素晴らしい場所ができると思うと、楽しみで仕方ありません!

 

支援のリターンも面白い!

今回のクラファン、支援した金額によって、リターンを受け取れることになっています。

3万円以下のリターンは、グッズや入園券など、よくある感じのものですが、5万円以上のリターンがなかなか面白いです!

まず、5万円のリターンは、「園長さんによるバックヤードツアー」「写真家による動物写真教室」、そして、10万円のリターンは、「あべ弘士さんと園長さんとの園内宿泊体験」だそうです。

 

個人的には、そこまでいいかな・・・と思ってしまいますが、

動物好き、動物写真好きにはたまらない特典のような気がします。

 

クラファンの期間は残り3日!

私はまだ支援できていませんが、まずは、ささやかながら、ブログとTwitterで拡散するという形で支援させていただくことにしました。

 

残り期間は8月23日まで、あと3日。

まずは、一度クラファンのページにアクセスしていただければと思います。


そして、また、旭山動物園へ、この空間を見に行きたいと思います!