サンライズみずほ/乗り鉄+スマホ撮り鉄

鉄道の「楽しい情報」「役に立つ情報」を、前向きに発信しています。Instagramのフォロワーさんが4000人を超えました。

【今月のワンクリックアンケート】あなたがよく使うのは?<JR時刻表> or <JTB時刻表>

海外旅行の航空券、どこで予約する?(2)

フィンランド旅行の予約」シリーズ第4弾、「航空券」の続編です。

こちら、前回の記事もあわせてご覧いただくと分かりやすいです。

 

f:id:mhli:20191227192701j:plain

 

大好評!フィンランド旅行の予約シリーズ

<第1弾>列車を予約

フィンランドの寝台列車「サンタクロースエクスプレス」を予約してみた - みずほのブログ

<第2弾>列車の予約を変更

フィンランドに国際電話!~サンタクロースエクスプレスの予約を変更(1)~ - みずほのブログ

フィンランドに国際電話!~サンタクロースエクスプレスの予約を変更(2)~ - みずほのブログ

<第3弾>現地のオーロラツアーを予約

フィンランドのオーロラツアーを予約してみた - みずほのブログ

 

海外旅行の航空券を予約・購入するプロセス

前回の記事でご紹介した手順は、下記の3ステップです。

(1)旅行会社のサイトでざっくり傾向を確認

(2)航空会社のサイトと旅行会社のサイトを比較

(3)空席を確認して、条件を確認して、購入!

 

順番に、実際に私が予約する手順をご紹介したいと思います。 

 

(1)旅行会社のサイトでざっくり傾向を確認

出発地と到着地、日程と人数を入力すると、いろいろな経路や価格を確認できます。

私がよく利用する、「エクスペディア」のサイトで見てみます。

海外格安航空券・飛行機チケットの予約|エクスペディア  

 

大阪~ヘルシンキの往復で入力し、検索をクリック

f:id:mhli:20200107010719j:plain

f:id:mhli:20200107010817j:plain

上位(一番安い)は、吉祥航空、中国南方航空厦門航空など、中国系。

下位には、シンガポール航空、KLM、JALフィンエアーなども出てきます。

子供もいることを考えると、ここは、直行便のフィンエアーで決まりでしょう。

ちょっと高いですけど。

一人ならシンガポール航空でマイル稼ぐかな(^_^)

f:id:mhli:20200107011017j:plain

 

往路のフライトをクリックすると、復路の選択肢が出てきます。

異なる航空会社の組み合わせも選べるのが、Expdiaの便利なところです。

復路も、直行のフィンエアー

同じフライトでも、JAL便名の方が若干安いのは何故だろう・・・

f:id:mhli:20200107011159j:plain

f:id:mhli:20200107011247j:plain

 

1人往復30万円ぐらい、大人2名子供2名で105万円ほどになることが分かりました。

予約クラスは、エコノミークラスの「K」。

この「予約クラス」、マイラーや修行僧にとっては、かなり重要なチェックポイントです。

マイレージプログラムによって、また、航空会社や運賃によって、マイル積算率が結構違いますので、購入前に要チェックです。

f:id:mhli:20200107073458p:plain

(2)航空会社のサイトと旅行会社のサイトを比較

Expediaで、4名で105万円の価格が提示された、フィンエアーの往復航空券。

これより安い価格や良い条件のチケットがないか、航空会社のサイトでチェックします。

今回の場合は、JALフィンエアーの2社を確認すれば十分でしょう。

 

まずは、JALのサイト。こんな感じで検索します。

f:id:mhli:20200107011342j:plain

結果は、Expediaとほぼ同じ、105万円ぐらいでした。

f:id:mhli:20200107011406j:plain

 

続いて、フィンエアーのサイトを見てみます。

f:id:mhli:20200107011438j:plain

78万円台!これはお買い得??

 

と思わせておいて、結局、直行便はやはり105万円ほどでした。

f:id:mhli:20200107011504j:plain

 

ということで、今回は、Expediaも、航空会社も、105万円という結構いいお値段で横並び、という結果でした。

 

(3)空席を確認して、条件を確認して、購入!

今回の比較では、横並びの結果だったので、どこで購入してもOKです。

ホテルと一緒に予約するならExpediaがトータルではお得になることもありますし、

JALカードホルダーなら、JALのサイトで購入するとマイルがたくさん貯まります!

 

余談ですが、JALの便名でフィンエアーに乗ると、JALマイレージバンクのマイルやFLY ONポイントは、JAL便としてカウントされます。

ですので、ぜひ、JALカード(クレジットカード)を、旅行までに持っておきましょう。

フライトマイルが10%(数百マイル)余分に貯まりますし、入会後最初の搭乗で1000マイルのボーナスがもらえるメリットもあります。

 

さて、購入するサイトと利用する便を決めたら、運賃規則やマイル積算の可否・積算率などを確認します。

・運航する航空会社と予約する航空会社(コードシェア便かどうか)

・変更やキャンセルの可否と手数料

・荷物(持込、預入)の許容量

・座席指定の可否と料金

機内食や飲み物の有無(無料か有料か)

・予約クラス(マイル積算の可否と積算率)

・購入時の手数料(決済手数料、カード支払い手数料、など名前はいろいろ)

このあたりが主なところでしょうか。

 

実は、私が先日利用した「フィンエアー」のフライトは、座席指定が有料でした。(JAL便名で予約していても同じ。)

また、LCCでは、荷物の預け入れや座席指定、機内食や飲み物まで、有料オプションだらけです(笑)

 

運賃規則を確認したり、細かい字を読んだり、結構面倒ではありますが、後で「聞いてなかった」「見てなかった」は通用しません。

高い買い物ですので、よく確認して購入しましょう。

 

(4)チケットはメールやSMSで送られてくる!

最近は、これが常識になりつつあります。

航空会社で購入しても、旅行会社で購入しても、同じです。

チケット自体、「e-ticket」が主流になっているので、以前のような紙のチケットは最近は全く見かけませんね。

メールで送られてくる「eチケット控え」をプリントアウトして持参すれば、それだけで全く問題なく、搭乗手続きが可能です。

航空会社によっては、スマホQRコードやバーコードを表示させればOKだったり。

 

紙の航空券がなくなるのは、若干味気ない気もしないではないですが、紛失の心配がなく、省資源にもなってますね。

便利な世の中です。

 

まとめ

以上、私が、フィンランド旅行の航空券を予約した時の手順を、ざっくり紹介してみました。

Expediaや航空会社のサイトをいくつかチェックすれば、それより安い航空券は、なかなかないと思います。

 

なかなか、「これが一番安い」と言い切れないのが難しいところですが、少しでも参考にしていただければ嬉しいです。

 

 

あと、他の方法として、宿泊先やフライトが希望と合うなら。

航空券と宿泊をセットで購入する「ダイナミックパッケージ」みたいなものを利用するのも、安く済むことがあります。

そのあたりはまた改めてご紹介したいと思います。